非常勤として働くときの長所と短所

育児中の女性看護師にとって、時短勤務は強い味方である。時短勤務を行う手段の一つとしては、常勤看護師から非常勤看護師へのシフトチェンジがあげられる。非常勤看護師の場合は、短時間での勤務が可能であり、かつ研修や講習会が免除されることもあるため、子育てに割ける時間が確保できるだろう。

しかし、非常勤で働く場合、常勤看護師との間に待遇の差が生じる。例えば非常勤看護師の場合は、昇給やボーナス、退職金などが付与されないケースがほとんどだ。また、社会保険に関しても、一定の勤務時間を超えないと加入できないため、勤務条件によっては福利厚生の内容にも差がでてくるだろう。給与の額面上の収入は常勤看護師とさほど差がない場合も、手当が出ない分を差し引くと収入が大きく下回ってしまう可能性は否めない。

さらに、もともと勤務時間や勤務日数の少ない雇用形態であるため、病院の忙しさや人員のバランスによっては、追加で休みを取りづらいことがある。しかし、幾つかの注意点はあるものの、やはり自由な時間が増えるという点では、非常勤は育児中の看護師には大きなメリットがあるといえるだろう。

ただし、非常勤看護師でも、残業や休日出勤を頼まれることは十分に考えられる。そのようなケースが続く際は、実際の勤務時間や勤務日数を見直し、常勤看護師で雇用される場合と比較してみるべきだ。あまり差がみられないのであれば、時短勤務制度を導入している病院に転職し、常勤看護師として働きながら、業務時間や休日の調整をした方が良いかもしれない。そうすれば、時短勤務期間中は給与が下がっても、ボーナスや福利厚生の権利は獲得できるだろう。