女性の活躍には、時短勤務が欠かせないポイント

小さな子どもを抱える女性看護師にとって、仕事を続けるのが困難だと考えることは多いだろう。しかし、徐々に魅力的な制度が導入されるようになってきた。時短勤務は勤務時間の通常よりも短くして働ける制度であり、育児をしている期間に利用できるため、小さな子どもを抱える看護師にとっては魅力的だ。

夕方は残業も課されずに早めに帰れることに加えて、夜勤や土日勤務についても免除されたり、ある程度の緩和がされる。妊娠や出産を機に離職してブランクを持つと、知識もスキルも現場に追いつかなくなってしまうケースもあるため、少しでもブランクをなくしたいという看護師は注目すべき制度だろう。中には、時短勤務の待遇を受けるために、事前に転職をする看護師もいるくらいだ。夜勤手当などがなくなり、給与もある程度低くなってしまうものの、常勤として働き続けられる点は、大きなメリットだといえる。

そのため、産休後にも速やかに復職をする決断がしやすく、長く働き続けていきたい看護師にとって理想的な待遇であり、全国の病院に普及されることが期待される。この待遇を受けるために転職する人が現れるくらいなので、看護師を確保したい病院側としては時短勤務制度の導入は見逃せないだろう。

近年では、大病院に限らず、中小規模の病院でもこの制度の導入が進んでおり、着実に育児と仕事との両立が行いやすい状況が生まれてきている。女性看護師は、長く働き続けるのに適した時代が到来しているといえるだろう。